セルフストレッチについて

こんにちは!トレーナー清川です!

皆さん!最近ストレッチはしていますか??

今回のブログは『セルフストレッチについて』ということで、ストレッチの効果などの話をしています!

最近ストレッチしてないという方は、必見ですよ~~😊

セルフストレッチとは??

セルフストレッチとは、名前の通り自分でストレッチをすることです!

ライゼスポーツでは、マンツーマンストレッチを行っていますが、それはペアストレッチという分類になります!

ペアストレッチもそうですが、セルフで行う場合は静的ストレッチをすることが多いです!

では、セルフストレッチにはどんな効果やメリットがあるか、話していこうと思います。

どんな効果がある??

①疲労回復

ストレッチをすることで血行が促進し、疲労物質などを流しやすくしてくれます!

筋肉にたまった老廃物を排出することで、疲れやむくみを軽減させることができます!

②柔軟性の向上

毎日継続してストレッチすることで、少しづつですが柔軟性が上がります!

筋肉にある程度の柔軟性があると、肉離れなどの怪我をしにくくなりますよ!

ですがストレッチをしなくなると、すぐに元に戻ってしまうので、柔軟性維持のためにも、セルフストレッチをオススメします!

メリットとデメリット

次にセルフストレッチのメリットとデメリットについて話していきます!

メリット

セルフストレッチのメリットとして、自分の好きなタイミングで出来る 伸び具合を調節しやすい

この2つがあげられます。

ペアストレッチだと、場所やしてくれる人が必要になりますが、セルフだと仕事の空き時間など、少しの時間で行えます!

また、ペアだと痛みが出るまで、伸ばされることがあると思います。ですがセルフだと自分で調節ができるので、気持ちいいところで止めて無理なく伸ばすことができます!

 

デメリット

逆にデメリットは、継続して行わないと効果が得られにくいことです。

筋肉は柔らかくなっても、継続しないとすぐに元の硬さに戻ってしまいます。

柔軟性は向上しているのが、わかりづらいので途中でやめたくなりますが、

少しづつ確実に柔らかくなっているので、頑張って続けましょう!

どのタイミングで行う??

運動後や入浴中、入浴後などがいいです!

筋肉は体が冷えている状態で伸ばすと、筋肉の粘性が高いため、あまり伸びず筋線維を痛める可能性があります。

なので、血行が良い状態で行うのがベストです!

逆にオススメできないのが、食後です。

なぜかと言うと、食べたものが逆流するおそれがあるからです。なので、食後1~2時間あけて行うといいですよ!

また、パソコン作業など同じ姿勢を長時間とる場合は、猫背やストレートネックになりやすいので、首や肩などこまめにストレッチしましょう!

ストレッチを行うときの注意点として、反動をつけない 呼吸をとめない この2つです!

反動をつけると筋肉を痛めやすいので、ゆっくり伸ばしましょう。またこの時に呼吸を止めず、息を吐きながら伸ばしましょう。伸びる限界のところまできたら、少しゆるめて約10秒キープするとよりいいですよ!

また、痛みがある場合は我慢せず、休憩をしてから行うか、ひどい場合は中止しましょう!

 

ストレッチには体を柔らかくする役割だけでなく、リラックス効果もあるので、疲れた時や眠れない時に軽くストレッチしてみてください👍

どんなストレッチがあるか、どのように行うか、詳しく聞きたい方はトレーナーにお声かけください!

また、ライゼスポーツではストレッチ教室も行っているので、ぜひ来てみてください!