ストレッチマシン紹介 ⑧

こんにちは!トレーナー清川です!

8月に入り、暑い日が続いていますね!テレビでも熱中症で倒れた人の話をよく聞くようになりました…。

熱中症にならないように、こまめに水分を取るなどの予防に気をつけましょう!!

さて今回はストレッチマシンの紹介が最後になります。

8番目はレッグプレスの紹介をしたいと思います!

レッグプレス

このマシンはふくらはぎ太ももの裏を伸ばすものになります!

伸ばされる筋肉は下腿三頭筋ハムストリングスです。

下腿三頭筋は腓腹筋とヒラメ筋のことをいいます。腓腹筋は大腿骨の後面から踵についていて、ヒラメ筋は脛骨・腓骨の後面から踵についています!

簡単に言うと、腓腹筋は膝より上から、ヒラメ筋は膝より下から始まり踵までついている感じです。

膝関節を曲げたり、足首を下に下げるときに働きます!

皆さんが知っているアキレス腱は、この2つの筋肉が腱になったものです。

ハムストリングスは大腿二頭筋(長頭・短頭)、半腱様筋、半膜様筋のことをいいます。坐骨という骨盤の一部と大腿骨の後面から始まって、脛骨と腓骨の上端までついています!

股関節を後ろに下げたり、膝関節を曲げるときに働きます!

どんな人におすすめ?

ふくらはぎが硬い人疲れやすい人むくみや冷えが気になる人におすすめです!

皆さん!ふくらはぎが「第二の心臓」と呼ばれているのは、ご存知ですか??

心臓はポンプ作用を使って全身へ血液を送っていますが、返ってくるときはそのポンプ作用が弱くなります。

心臓より上に行った血液は重力で返ってこれるのですが、下にある脚などはうまく血液を戻すことが出来ません。

そこでふくらはぎがポンプの役割をしてくれて、心臓まで血液を戻す手助けをしてくれます!

なのでふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれているんです!

そんな大切な役割をしているふくらはぎが硬くなると、血液の循環が悪くなり疲れやすくなったり、むくみが取れにくくなります

またつまずきやすくなったり、肉離れなどの怪我もおきやすくなります

ふくらはぎが硬いとデメリットばっかりなので、これに当てはまる人や気になる人は、ぜひレッグプレスを使って柔らかくしてみて下さい😊

使用方法

 

レッグプレスは少し使い方がわかりにくいので、ご使用の際にわからなければトレーナーにお声掛けください😊

今回でストレッチマシンの紹介は終了になります!

何個か紹介できていないマシンもあるので、気になる方はぜひ使ってみて下さい!

次回からはまた別の内容でブログを更新するので、楽しみにしていてください~!