水と身体の関係性

トレーナー石山です!

梅雨が明けかなり暑くなってきました。熱中症にならないようにほんとにこまめに水を取らないと危険なのでしっかり水を飲んでおきましょう☺

今日は水と身体の関係についてお話していこうかなと思います!

水と身体

人間の身体は水で出来ています

目安ですが、胎児は体重の約90%、新生児は体重の約85%、小児は約80%、成人は約60%、そして高齢者では約50%を水が締めています。

もちろん全員が一緒ではなく体型などによって誤差はあります。

水は身体のどこの部分にあるのか

体中の血液に約8%、組織と組織の間に約20%、細胞に70%以上貯蔵されています。

この70%以上を占めている細胞は、筋肉や脂肪になります。ちなみに脂肪には約10%〜20%、筋肉には約75〜80%水分を含んでいます。

そもそも筋肉を包む腱や皮膚真皮、筋膜、靭帯などの60%は水分でできています。

この水分が少なければ必然的に柔軟性が失われるのです。いわゆる水分不足で筋肉が硬い状態になります。

どのくらい水を飲めばいいのか?

1日約2リットルほど飲みましょう!

夏場は特に熱中症になりやすく、人間のからだは1回の水分補給に約200300mlしか水分を吸収できないと言われています!

なのでこまめに水分をとりましょう!